建築

アスベスト部分隔離工法「ふうじろう(ELV)」

概要

日頃、利用者の目に触れないエレベータシャフト及び機械室に吹付けアスベストは存在します。
これは、火災が起きた際、鉄骨を熱から守るために施されています。同時多発テロの際は、アスベストのおかげで多くの人が逃げ延びることができました。
但し、東日本大震災の際も、建物の揺れに伴い アスベストが崩落し、問題となっております。

しかし、日頃頻繁に利用しているエレベータを長期間止めて除去工事を行うと、多くの人がストレス・不便さを感じることとなります。

また、エレベータ自体も老朽化に伴い平成25年10月の国土交通省の指針により、耐震化が急がれています。
当社では、夜間及び週末を利用しての除去工法を提案しております。

特徴

1.昼間の利用を妨げずに 除去する方法を提案しています
2.日本建築センターの技術認定「BCJ]を受けている安全性の高い工法です。
3.除去作業後のエレベータメンテナンス社員の疾病リスクを減らします
4.安定した工期での除去作業が可能です
5.仮設物が最低限の為、工期が短く施工可能です
6.仮設費用が少ないため、コストが安く抑えられます
7.利用者がいない時間帯の作業になる為風評被害が抑えられます
8.高層になるほどコストパフォーマンスを発揮します

用途

1.エレベータシャフト内の除去
2.エレベータ機械室内の除去

実際の利用されている建物としては、地上から足場を組み立てることが大変な5階建て以上の建物でよりコストパフォーマンス効果を発揮します。
エレベータが1基しかない建物の施工や連装のエレベータにも対応可能です。
超高層ビル等高い建物程コストパフォーマンスを発揮します。工期は、1フロア1~3日です。

お問い合わせ・カタログのダウンロードはこちら
お気軽にお問い合わせください